中古車売却の基礎知識

ディーラー下取りの方が中古車買い取り店よりも高くなることもある?

いま乗っている愛車を手放す際に、少しでも高く売却したいなら、買い換え予定のディーラーに下取ってもらうよりも中古車買い取り店に持って行った方がお得・・・

よく言われることですが、これって本当にそうなのでしょうか?
今回はそこのところをもう一度、じっくりと考えてみましょう。

ほとんどの車種は買い取り店の方が高額

一般論としては、これは正しいといえます。
通常、中古車を販売する場合、中古車販売店に並ぶまでの中間コストが少なければ少ないだけ買い取り価格を高く買い取ることができます。

中古車買い取り店は、しっかりとした販売チャネルを持っているか、在庫期間を短縮してオークションに出品するノウハウが確立されているため、中間コストが少なくて済みます。

これに対し、新車ディーラーは新車の販売がメインなため、しっかりとした中古車の売却ルートが確立できていないことも多々あります。このため中古車買い取り店に比べ中間コストが多くかかってしまうので、同じ価格で中古車を販売しようとすると下取り価格を下げざるを得なくなるわけです。

ならば、車種にかかわらず中古車買い取り店の方が高く買いとってくれるのでは?
と、思ってしまいますよね。

下取りの方が高く買い取ってくれるケースとは?

ほとんどの場合、下取りの方が安くなるのは事実ですが、中には下取りの方が高くなるケースもあります。
それはどんなケースでしょうか?

それは、購入したディーラーに下取ってもらう場合です。
同じメーカーのクルマで買い換えの場合、そのディーラー系列の中古車販売店で販売することができるため、中間コストを抑えることができます。

また、輸入車のように流通量の絶対数が少ない場合には、通常の中古車販売店では同じ車種をそう多く持てないため、購入者側に選択肢がなく、売れ残ってしまうリスクもあります。

中古車買い取り店は、そのリスクを織り込んで価格提示をする必要があり、査定額が振るわないといったケースがあるのです。

これに対し、同一メーカーのディーラーは多少高値で下取っても多くの車種をラインナップできるため、お客さんにもアピールしやすく結果として短期間で売れていくので、リスクが少なくて済むというメリットがあります。

ディーラーにしても中古車買い取り店にしても、商売ですから損してまで高値買い取りをすることは絶対にありません。
高値で買い取ってくれるケースがわかれば、それに見合うところに持ち込むことによって最大限高く売却するとこができる、というわけですね。

 

関連記事

  1. 中古車売却の基礎知識

    中古車査定でチェックされるポイントはどこ?

    長年乗ってきた車を手放し、新車に買い換える・・・考えただけ…

厳選!中古車一括査定サイト

最近の記事

  1. 中古車売却の基礎知識

    ディーラー下取りの方が中古車買い取り店よりも高くなることもある?
  2. 中古車売却のギモン

    査定額はどっちがお得?持ち込み査定と出張査定
  3. 中古車売却の基礎知識

    中古車査定でチェックされるポイントはどこ?
  4. 中古車売却のギモン

    不動車でも現金化できる不思議・・・なんで売れるの?
  5. 中古車売却のギモン

    輸入車は下取り価格が安い・・・そもそも買い取ってもらえるの?
PAGE TOP