中古車売却のギモン

輸入車は下取り価格が安い・・・そもそも買い取ってもらえるの?

輸入車に乗るのはいいけど、乗り換えの際の下取り価格が安くて・・・
なんて声を聞いたことありませんか?
果たしてこれって、本当?ウソ?

【回答】例外はあるが、本当です!

実は私も、以前乗っていた欧州ハッチバック車(新車購入時250万円)を下取りに出したところ、6年落ちで20万円と言われたことがあります。それでも走行距離が少なかったため「これでも高い価格提示」と言われました。
そこで、ネットの一括査定サービスを利用し全部で4社に査定してもらい、最安値30万円、最高値34万円という価格提示を得たことがあります。

はっきり言って不人気車ということもあり、30万円で取ってくれれば御の字かなと思っていたところだったので、買い取り専門店からの価格提示には満足しています。だって、安いとはいえ下取り価格よりも10万円〜14万円も高く買い取ってくれるんですから。

私が乗っていた車に限らず、輸入車は(国産車に比べ)全般的に下取り相場が安いのは事実です。
今回はその理由について説明していきますね。

輸入車の下取り価格が安い理由

いくつかの理由が考えられますが、最も大きいのは販売ネットワークの不足です。
国産車のように大手メーカーが販社も経営し、新車から中古車に至るまでしっかりとした販売チャネルを確立していれば、下取りもそこそこの価格で買い取ることができますが、輸入車の場合、正規ディーラーでも国産車並みの販売ネットワークを持つところはほとんどありません。つまり、下取ってもそれをさばききれるか不安なわけです。

買い取った中古の輸入車が思うように売れなければ、それは不良在庫となり、なんとか売るために価格を下げざるを得なくなります。これって販売店にしてみれば大きなリスクなんですね。
当然、こうしたリスクを考慮した上で買い取り価格が決められますから、どうしても安くなりがちなわけです。

特に不人気車(車のできが悪い、という意味ではありませんよ。ただ単純に日本国内で売れていないという意味です)の場合、このリスクを大きめに見ますので提示価格が低くなってしまうわけですね。

それでも・・・少しでも高く売るために

最近では輸入車も販売台数が伸びてきていますので、以前に比べれば下取り価格もびっくりするような安値ではなくなりつつあります。中には輸入車を専門に買い取る業者もありますから、そうした業者に査定してもらえば、むしろ予想以上の価格がつく可能性すらあります。

でも、そういう買い取り店って、どうやって見つければいいのでしょうか?
最も簡単でオススメなのは、ネットの一括査定サービスを利用することです。1回の申込みで多くの買い取り店に一括で査定依頼ができますので、中には輸入車でも高く買い取る店もあり高値提示をしてくることも。

もし下取りに出してみて、期待した金額の提示が受けられなかったら、労を惜しまず一括査定を利用してみましょう。

 

関連記事

  1. 中古車売却のギモン

    査定額はどっちがお得?持ち込み査定と出張査定

    自分の愛車を1円でも高く売りたい・・・そう思うのは誰でも同じ。…

  2. 中古車売却のギモン

    中古車を売却する方法にはどんな選択肢があるの?

    今まで乗ってきた愛車を手放して、新しいクルマに買い換える・・・…

  3. 中古車売却のギモン

    不動車でも現金化できる不思議・・・なんで売れるの?

    年式が古く、しかも走行距離もメチャクチャ多い。ある日とうと…

厳選!中古車一括査定サイト

最近の記事

  1. 中古車売却のギモン

    中古車を売却する方法にはどんな選択肢があるの?
  2. 中古車売却の基礎知識

    ディーラー下取りの方が中古車買い取り店よりも高くなることもある?
  3. 中古車売却の基礎知識

    中古車査定でチェックされるポイントはどこ?
  4. 中古車売却のギモン

    査定額はどっちがお得?持ち込み査定と出張査定
  5. 中古車売却のギモン

    輸入車は下取り価格が安い・・・そもそも買い取ってもらえるの?
PAGE TOP